タクトはお客様に最適なWeb戦略を設計する新宿のWEB制作会社です

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング

ターゲットに価値のあるコンテンツを発信することで、
潜在層を一番のファンに育てます。

コンテンツマーケティングは、ターゲットに価値の高いコンテンツを発信することで、潜在顧客にサイトを見つけてもらう、発信を通じて好きになってもらう、製品を購入してもらい、最終的に自社や商品のファンやリピーターとして醸成する仕組みを作っていきます。
関心が薄く、興味が高まっていない検討段階の潜在層をターゲットに、コンテンツを用いて段階的にプッシュしていくのが特長です。

  • 価値の高いコンテンツの発信
    価値の高いコンテンツの発信
  • 潜在顧客を呼び込む
    潜在顧客を呼び込む
  • 興味・信頼感を高める
    興味・信頼感を高める
  • 購入
    購入
  • リピーター/ファン化
    リピーター
    /ファン化

こんな方におすすめです。

  • 既存のアウトバウンド型の手法に限界を感じている
  • リスティング広告を打ってもコンバージョンしない
  • 毎月の広告コストの負担が大きい、高騰している
  • 新規顧客の獲得が頭打ちになっている
  • 価格競争を余儀なくされている
  • 検索結果の順位が下がった
  • リード(見込み顧客情報)が足りない
  • 自社やサービスが認知されていない

ポイント

なぜコンテンツマーケティングなのか?

高度な情報化社会である現代は、ユーザーはネガティブな情報もポジティブな情報も、簡単に⼿にすることが出来るようになりました。その結果、メーカーから一方的に発信される広告だけでは物が売れにくくなり、自ら検索をして閲覧する情報を重視する傾向が高まっています。

コンテンツマーケティングとは、⼀⽅的な広告ではなく、ユーザーの視点に⽴った価値のある情報を提供することで、顧客の獲得から囲い込みを⽬的とした⼿法です。

SEOによる集客効果

⾃社メディアが有効なもう1つの理由はSEOアルゴリズムの変化です。Googleの検索順位を決める解析テクノロジーが進化したことで、「質の⾼いコンテンツを上位表⽰」することが、⾼い精度で可能になりました。
すなわち、⾃社メディアにおいて、ユーザーが評価をする質の⾼い記事を掲載することは、ユーザーを囲い込むだけでなく、SEO効果による集客も期待できるわけです。

コンテンツの手法は様々。

コンテンツマーケティングで使われる手法は様々あります。メジャーなものとして真っ先に思いつくのは特定のテーマに特化した「ブログ」を活用したメディア展開。タクトが行っているバイコットの展開もこの手法にあたります。

さらに近年活発化してるのは動画コンテンツです。
回線の高速化とスマートフォンの普及により動画を見る環境が身近になったことと、動画編集ツールが安価に準備できることで、制作の敷居が低くなったことも手伝って多くみられるようになりました。

目的はあくまで潜在顧客が知りたいこと、関心のあるコンテンツを提供すること。お客様の商材・業界、関心を引くポイントをよく理解した上で手法を検討することが重要です。

なによりも良質なコンテンツの展開が重要です。

コンテンツの質が検索結果や、情報の拡散に大きく影響があるのは前述したとおりです。
では良質のコンテンツの“良質”とはなんどういう意味でしょうか?

コンテンツマーケティングの対象は、見込み層です。
閲覧したコンテンツでによって興味が高まり、知りたかったことが120%得られて満足できたのなら、それは良質のコンテンツといえます。逆に、見てみたけど物足りない、結局他のページを見ざる負えないコンテンツは、悪いコンテンツとなってしまいます。

成果が出るまで長期的な取り組みが必要です。

見込み客をファンにまで育てていくというやり方のため、すぐの成果は期待しにくいものです。
効果がみられるまである程度の期間が必要で見込み客の興味の変化に合わせてコンテンツを追加する企画・運用も必要となる等、コスト面を考慮していく必要があります。

自社メディアを通じて得たノウハウがあります。

私たちは2014年の9月より、自社サービスとして、「毎日の買いもので未来を変えるメディア バイコット」を、3年以上に渡り運営しています。そこでライター、編集者、関係者の方々に叱咤激励をいただきながら、編集部としてさまざまな経験を重ねてきました。そこで培った、メディアのスタートから運営のノウハウ、SEOや解析などのテクニックまで、自らが実践して会得したノウハウをご提供しています。