中小企業向け採用サイト制作

採用サイト制作

中小企業が採用競争で勝つために

中小企業の経営課題【人手不足】。
経営層や人事担当者は「良い人がいればいつでも。」と考え。
現場は「一日でも早く。」と願い、日々やり過ごす。
採用活動にかける思いはどこの企業もひとしおで、中小企業にとっては死活問題。
このような競合がひしめく中で、中小企業が人材獲得競争に勝つためには、まず、現状を受け入れ、企業側が価値観をリセットする必要があると考えています。

中小企業は、求職者を「選ぶ時代」から、企業側が「選ばれる時代」になりました。
厳しい時代になりましたが、中小企業には中小企業ならではの採用市場での戦い方があります。
私たちタクトは、採用にマーケティングに独自ナレッジを組み合わせ、
個社毎にカスタマイズした採用戦略を練り上げ、採用サイトに落とし込みます。
本気で、人手不足を解決したいと思っている企業様は、ぜひお問い合わせください。
タクトが貴社の採用活動に改革をもたらします。

こんなお悩みありますか

  • 応募者がなかなか集まらない
  • 求める人材の確保が難しい
  • ターゲット人材以外からの応募が多い
  • 採用コストが高い
  • 入社後の早期退職が多い
  • 内定辞退(他社に競り負ける)

採用サイトの実績紹介

製造業やIT業、小売など幅広い制作実績があります。

求職者を「選ぶ時代」から、企業が「選ばれる時代」へ

帝国データバンクの2024年の調査によれば、半数を超える企業で正社員の人手不足を実感しており、人手不足感はコロナ禍以降で最高水準となっている。
そして、2024年4月に時間外労働の上限規制が適用される、いわゆる「2024年問題」が懸念される業種だけでなく、“団塊の世代”が後期高齢者に到達する「2025年問題」も大きな節目として控えている。
労働力人口の高齢化も進んでおり、人材の確保がこれまで以上に事業継続を左右する時代が迫っている。
この傾向は今後ますます加速すると考えられ、企業間の人材獲得競争も激化すると考えられます。

求職者を「選ぶ時代」から、企業が「選ばれる時代」へ

時代の変化とともに変わりつつ求職者の価値観

学生の就職意識や就職活動全体の動向を把握することを目的とした「マイナビ 2024年卒大学生就職意識調査」によると、実施した企業を選択する場合にどのような企業がよいかを聞いたところ、「安定している会社」が前年比4.9pt増の48.8%となり5年連続で最多となった。
「自分のやりたい仕事(職種)ができる会社(30.5%)」、「給料のよい会社(21.4%)」が続き、この3項目が前年同様トップ3となった。
「安定している会社」は3年連続、「給料の良い会社」は2年連続の増加となり、安定志向や待遇面などへの関心の高さもうかがえる。

求職者を「選ぶ時代」から、企業が「選ばれる時代」へ

採用マーケティングと恋愛の共通点

例えば、気になる相手にプレゼントを贈るという1つの行為があったとします。
プレゼントを贈るまでに、①相手の好みや興味を知り、②その人が喜ぶプレゼント選定という2つの工程が発生します。
採用マーケティングも極端に言えば同じことで、①求職者の価値観を知り、②それにあった企業の魅力を求職者に訴求することなります。

求職者の価値観の変化

企業が求める人物像で分かる価値観のズレ

一昔前の採用サイトには「求める人物像」というページがあり、企業側の考えが一方的に綴られ、求職者をふるいに掛けていました。
現在でも大手企業をはじめとした採用サイトでは存在しているページですが、自社の採用競争力に合わせて掲載を検討する必要があると考えています。

「求める人物像」で多用されるキーワード

  • 挑戦意欲
  • 情熱
  • 成長
  • 積極的
  • 変化を楽しむ
  • 革新
  • 創造
  • チャレンジ精神
  • バイタリティー
  • パイオニア精神

求職者の価値観を知る方法『リクマエ』

リクマエはリクルーティングの前に「求職者のニーズ」と「採用における自社の強み」を掴む新しい採用マーケティングプログラムです。

採用力をスコアリング

6分類18項目ある「選社軸」を基準に 求職者のニーズと企業の採用力をスコアリングします。

採用力をスコアリング

リクマエのサービスフロー

インサイトサーベイの実施し、求職者ニーズと自社の採用競争力を数値化します。

リクマエのサービスフロー

『リクマエ』を取り入れた採用サイト制作の流れ

  1. 1ヒアリング

    お客さまの採用活動やインターンシップ、採用媒体の出稿計画、求める人物像など、採用戦略について深くヒアリングし、サイトの役割を定めます。

  2. 2企画のご提案

    ヒアリングした内容をもとに作成した、サイトの企画・構成案をご提案いたします。

  3. 3ディレクション・設計

    承認がいただけましたら、具体的にページの設計や構築の進行を進めていきます。

  4. 4取材・撮影

    採用サイトでは企業内のありのままを伝えるために、職場の(写真/動画)撮影やインタビュー取材を行うケースもあります。

  5. 5制作業務/ライティング

    考え抜いたクリエイティブでコンテンツを制作し、公開します。

  6. 6運用サポート・サイト解析

    解析ツールを用いて施策後の効果を分析します。目標との比較、改善点の洗い出しを行って、効果の向上に役立てます。

リクマエ活用プラン

  1. 1採用戦略の設計

    自社・採用ターゲット・競合を理解し、合理的な採用戦略の設計

  2. 2採用広告の作成

    他社よりも「ターゲットに刺さる採用広告」の作成

  3. 3採用サイト開発

    データとターゲットプロファイルを元にした「軸のブレない採用サイト開発」

  4. 4社員マネジメント、社員教育

    従業員ニーズがベースだから、「社員マネジメント、社員教育」にも効果的

企業の採用活動を取り巻く環境の変化

採用サービスの多様化

採用サービスとして思いつくものは、リクナビやマイナビなどの求人媒体ではないでしょうか?
ここ数年で、求人媒体の種類も増え、ダイレクトリクルーティングなど、採用手法も多様化してきました。
一昔前まであれば、この採用手法を選び、実施することが採用活動の全てでした。
しかし今は、これらの採用手法は、採用活動全体における集客機能に過ぎなくなってきました。

  1. 1.求人媒体
    • リクナビ
    • マイナビ
    • doda など
  2. 2.ダイレクトリクルーティング
    • OfferBox
    • キミスカ
    • iroots など
  3. 3.ビジネスSNS
    • Wantedly
    • LinkedIn
    • Eight など

求職者の価値観の変化

学生の就職意識や就職活動全体の動向を把握することを目的とした「マイナビ 2024年卒大学生就職意識調査」によると、
実施した企業を選択する場合にどのような企業がよいかを聞いたところ、「安定している会社」が前年比4.9pt増の48.8%となり5年連続で最多となった。
「自分のやりたい仕事(職種)ができる会社(30.5%)」、「給料のよい会社(21.4%)」が続き、この3項目が前年同様トップ3となった。
「安定している会社」は3年連続、「給料の良い会社」は2年連続の増加となり、安定志向や待遇面などへの関心の高さもうかがえる。

求職者の価値観の変化

危険なキーワード「挑戦」「チャレンジ精神」

弊社に採用サイト制作のご依頼をいただく企業様のほとんどが、ご要望として「挑戦意欲のある方」「チャレンジ精神」を求める人材像として挙げられます。
求職者の価値観の変化と、企業の求める人物像との剥離ができているように感じます。

採用活動にマーケティングを取り入れる

マーケティングとは「売れる仕組み」。採用活動にマーケティングのフレームワークを取り入れた考え方が採用マーケティングです。 タクトが提唱する採用マーケティングは、企業が理想とする求める人物像の価値観を把握し、適した職場をつくりながらその魅力を伝え、求職者に入社を促す活動を指します。

!--> 採用サイト制作の事例・実績一覧はこちら