タクトはお客様に最適なWeb戦略を設計する新宿のWEB制作会社です

ランディングページ制作

ランディングページ制作

訪問者からのお問い合わせ・購入等の
アクションを期待できるWeb営業ツール。

ランディングページ(以下LP)は、おもに1つの商材やテーマに特化した情報を1ページの中に詰め込み、閲覧者に購入やお問い合わせといったコンバージョンを促す目的で作られるページです。主に検索サイトでの検索やネット広告から、直接リンクさせるページとして設けることが一般的です。

  • キーワード検索or広告
    キーワード検索or広告
  • LPページ
    LPページ
  • 注文・問い合わせ
    注文・問い合わせ

ポイント

LPの特徴は大まかに4点あります。

LPは通常のWebページとくらべて比較したときに下記の4点の特徴を持っています。

  • 1ページで内容が完結する縦長の構成。

    コンバージョンにつなげるためには、多くの情報が必要であること、ページ移動がない一本道の展開が重要であるため、縦長の構造が一般的です。見た人が購入ボタンを押したくなるために、セールストークをするような内容の構成が必要となります。

  • 他のページへのリンクがない

    購入等のボタンを押してもらうのが目的の縦長であることと同様に、一本道の構造が基本となるため、ページから離脱する要因となるリンクは設けません。

  • イメージ+キャッチコピー中心の構成

    Webユーザーは内容の70%を読みとばすと言われています。細かな解説文よりもインパクトあるデザインとコピーで短い閲覧の中で興味を引く工夫を行います。

  • 購入やお問い合わせのボタンが大きい。

    このボタンを押されることがLPの存在理由となります。そのため誰でもわかるようにボタンを大きくするデザインをします。色、カタチ、サイズなどABテストを繰り返し実施するケースもあります。

短時間の閲覧でも内容が頭に残る構成作りをします。

訪問する方がサイトを見るのに使う時間は限られています。
訪問して数秒程度、最初から途中ぐらいまでサッと見て、自分には必要ないと思えば、ページから離脱してしまいます。

そのため、LPでは特に冒頭部分でしっかり関心を引くためのに印象に残るデザインが必要なります。
そして、興味を損なわず最後まで見てもらえるよう、全体を通じて1本のストーリーとして内容を構成しています。

10for1サイトでは1分で取り組みがわかるページとして特にこのポイントを重視した事例になります。
ぜひ、ご覧ください。

このサービスの流れ

  1. 01.ヒアリング

    LP制作の目的、商材についてのヒアリングを行います。

  2. 02.企画のご提案

    ヒアリングをもとに作成した、サイトの企画案をご提案いたします。

  3. 03.ディレクション・設計

    承認がいただけましたら、具体的にページの設計や構築の進行を進めていきます。LPでは構成、ライティングの影響が大きいため重点を置いて進めます。

  4. 04.制作業務/ライティング

    考え抜いたクリエイティブでコンテンツを制作し、公開します。

  5. 05.運用・解析

    解析ツールを用いて施策後の効果を分析します。目標との比較、改善点の洗い出しを行って、効果の向上に役立てます。