タクトはお客様に最適なWeb戦略を設計する新宿のWEB制作会社です

コーポレートサイト制作

ヘッドイメージ画像

コーポレートサイトを作ることの本質は、
サイトの制作を通じて企業や事業を一段成長させることです。

BtoB、BtoCに関らず、企業の公式サイト、いわゆるコーポレートサイトには、最新のトピックスから、会社の歴史、社長の言葉、社員、事業、製品、人事採用、その他取り組みなど、会社のあらゆる情報が掲載されています。
そのコーポレートサイトを作り直すということは、これらの情報や言葉を見直して、整え、補い、再構築することができる絶好の機会であり、そのことによって、会社、事業そのものを成長させるチャンスなのです。

ポイント

サイト制作の本質は企業や事業のブラッシュアップ。

いざコーポレートサイトを作ろうとした場合、まずはパンフレットや写真など、方々から情報や素材を集めたりするのですが、その多くはリニューアルのコンセプトに合致していなかったり、情報や言葉が古かったり、不足していたりするため、原稿から見直すケースがほとんどです。その場合に必ずおこなっているのが、下記のようにご商売の「芯」について掘り下げることです。

  • 自分たちの特長を客観的に見返してみる
  • 自社や商品が選ばれる理由を考えてみる
  • 商品が売れるまでのプロセスを確認してみる
  • 業界や市場のことを考えてみる
  • 会社がどこに向かっているのか考えてみる
  • 企業理念やミッションを振り返ってみる

中小企業においては、売上を最大化するために戦力の多くを顧客に費やしますので、自分たちのやっていることを立ち返り、整理をして体系化をする機会は後回しになりがちです。私たちも自社のサイトをリニューアルすることに5年を費やしました。しかし成長拡大期の企業において、極めて重要なことでもあります。

そのプロセスをWebサイトの制作を通じておこないますので、私たちとコーポレートサイトを作り終えた後には、疲労感と充実感、そして、関わったメンバーの成長、ひと回り芯が太くなった会社と事業を支える、強いコーポレートサイトが残ります。

お客さまを取り巻く環境も合わせてきちんと分析します。

お客さまの目的達成につながる芯のある提案をするためには、お客さまのビジネスを理解することが欠かせません。タクトでは、様々な分析ツールを活用して、事業の棚卸、潜在的な強みの発掘、競合比較、ポジショニング、事業計画、など、幅広いブレーンワークに対応しています。

お客さまを取り巻く環境も合わせてきちんと分析します